2013年7月24日水曜日

DragonBones アニメーションデータを利用する

FlashBuilderを利用してソースコード上からDragonBonesのデータを利用します。
ライブラリプロジェクトファイルの作成

プロジェクトファイル内にサンプルコードを入れる

DragonBonesライブラリプロジェクトの作成と、サンプルを試す為のプロジェクトファイルを作成します。

ライブラリは、DragonBones2.2SkeletonAnimationLibraryから
サンプルプロジェクトは、DragonBones_Tutorial_AssetsCodeより取り込みました。


サンプルプロジェクトのビルドに成功すると、歩行しながらアニメーションしたり、ジャンプするドラゴンの操作ができます。


テクスチャの切り替え
次にドラゴンの着ている服任意の操作やタイミング切り替えると言う処理を行なってみます。

サンプルDragonBones_Tutorial_ChangeClothes.flaより、服がレイヤーに追加されています。
変更したい服をライブラリ内のpartsclothes1からclothes4まで追加します。

では、DBStarlingClothes.asから実際に切り替え処理を行う方法を見てましょう。

private var textures:Array = ["parts/clothes1","parts/clothes2","parts/clothes3","parts/clothes4"];
ライブラリの階層と同じように、clothesの配列を作成します。
var _textureName:String = textures[textureIndex];
var _image:Image = factory.getTextureDisplay(_textureName) as Image; 
StarlingFactoryクラスgetTextureDisplayを利用する事で指定のテクスチャを取得します。

var _texture:Texture = assetManager.getTexture("clothes"+(textureIndex+1).toString());
var _image:Image = new Image( _texture );
また、flaファイルを利用せず外部テクスチャを利用する方法としてAssetManagerからTextureを利用する事が可能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿