2013年6月19日水曜日

JS+OpenGL+ネイティブ開発 Herlock

今まではAIRの記事が大半を占めていましたが、今回は他言語の開発環境を
取り上げてみます。

開発言語
JavaScriptを使用してワンソースでAndroid、iOSのネイティブアプリを開発することができるネイティブアプリ向けクロスプラットフォーム開発環境

高速な描画
FlashライクなコードでOpenGLを実装することができます。
通常OpenGLでの開発は複雑ですが、Herlockでは簡単に操作が可能ですので、
高いパフォーマンスを必要とするゲームアプリの開発に適しています。

Webライクな開発
JavaScriptでのワンソース開発が可能。
また、表示の取り回しがFlashの表示リストやHTMLのDOMに似たツリー構造であった
り、APIインターフェイスはAS3の仕様(+HTML5)に似ているためSpriteやStageなどの
おなじみのメソッドやパラメータで制御ができたりと、Web開発に近い感覚でネイティブアプリ開発を行うことができます。

Herlockクローズドベータ版(無料)は2013年8月初旬リリース予定です。
メールアドレスをご登録いただいた方はリリース情報をメールにてお送り致します。
メールアドレス登録ページ(リンク先へ)

個人的に注目しているポイントは、OpenGLを使用できる所です。
AIRではStarling Frameworkのように、簡易的にGPUアクセラレーションが利用できる
のが嬉しい所です。

Nexus7で動作しているサンプル動画もあります(リンク先へ)

ANEのようなネイティブ言語との連携の方法や、デバッグのし安さがどの程度なのか
とても気になっています。8月初旬リリースと言う事なのでとても期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿