2013年2月5日火曜日

Feathers Example Listについて

このサンプルはFeathersのサイト
「How to use the Feathers List component(リンク先へ) 」
を参考にしています。
FeathersExampleのソースコード(リンク先へ)

FeathersExampleを実行すると以下の画面になります

Listの表示と設定の流れ
ボタンサンプルからListサンプルへ表示を切り替える為に
exampleIndexの値を変更します。
FeathersExample.as
  private function loaderInfo_completeHandler(event:Event):void
  {
   var exampleIndex:int;
   Starling.handleLostContext = true;
   Starling.multitouchEnabled = true;

   exampleIndex = 1;
ListExample.as
   this.removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, addedToStageHandler);

   this.theme = new MetalWorksMobileTheme(this.stage);

   var list:List = new List();
   list.width = this.stage.stageWidth;
   list.height = this.stage.stageHeight;
   this.addChild(list);

   var listData:Object;
   var listTable:Array = [];
   for(var i:int=0;i<1000;i++)
   {
    listData = { text : i.toString()+":"+"アイテム" };
    listTable.push(listData);
   }
   var groceryList:ListCollection = new ListCollection(listTable);
   list.dataProvider = groceryList;
   list.itemRendererProperties.labelField = "text";
   list.itemRendererType = BasicItemRenderer;

  • テーマの設定
  • インスタンスの作成
  • レイアウト、大きさの設定
  • 画面に対してaddChildを行う
  • リストに表示する1件単位のリストデータを作成
  • ListCollectionの作成
  • dataProviderの設定
  • labelFieldプロパティの設定
  • アイテムレンダラの設定


  • 0 件のコメント:

    コメントを投稿