2012年4月8日日曜日

iOSUSBSampleプロジェクトのビルド

1.FlashBuilderでビルドを行い、swfを生成します。
プロビジョニングファイルと証明書ファイルを作成し
bin-debugフォルダにコピーします。

2.ipaファイルを生成します。
adtコマンドを使用します。USBデバッグを行うためのポートを指定しています。

ipaファイル作成コマンド
$adt -package -target ipa-debug
-listen 7936 -storetype pkcs12
-keystore [証明書ファイル]
-storepass[パスワード]
-provisioning-profile [プロビジョニングファイル]
[ipaファイル] [アプリケーション定義ファイル] [swfファイル]

iOSUSBSampleのipaファイル作成コマンド
$adt -package -target ipa-debug
-listen 7936 -storetype pkcs12
-keystore sample.p12
-storepass sample
-provisioning-profile sample.mobileprovision
iOSUSBSample.ipa iOSUSBSample-app.xml iOSUSBSample.swf

3.ipaファイルの完成
adtコマンドを行い数分後、ipaファイルが生成されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿