2012年4月7日土曜日

iOSUSBSampleのソース作成とアプリケーション定義ファイルの設定

1.プロジェクトファイルの作成
ActionScriptモバイルプロジェクトを新規作成します。
プロジェクト名は、iOSUSBSampleにします。
sdkはAIR3.3Beta1を指定します。

iOSUSBSample.as
package
{
 import flash.display.Sprite;
 import flash.display.StageAlign;
 import flash.display.StageScaleMode;
 import flash.events.MouseEvent;

 public class iOSUSBSample extends Sprite
 {
  public function iOSUSBSample()
  {
   super();

   stage.align = StageAlign.TOP_LEFT;
   stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;

   drawRect();
  }

  private function drawRect():void
  {
   var rect:Sprite = new Sprite();
   rect.name = "RedRect";
   rect.graphics.lineStyle(1,0xff0000,1);
   rect.graphics.beginFill(0xff0000,1);
   rect.graphics.drawRect(0,0,200,200);
   rect.addEventListener(MouseEvent.CLICK,rectClickHandler);

   addChild(rect);
  }

  protected function rectClickHandler(event:MouseEvent):void
  {
   var rect:Sprite = event.target as Sprite;
   trace(rect.name + "Click");
  }
 }
}

2.アプリケーション定義ファイル
applicationのバージョンが3.3になります。

iOSUSBSample-app.xml


プロビジョニングファイルの設定と同じようにidに設定を行います。

iOSUSBSample-app.xml

com.sample.iOSUSBSample

0 件のコメント:

コメントを投稿