2011年9月25日日曜日

ANEサンプルアプリのデバッグ

1.FlexANESampleのディレクトリ内にextdirディレクトリを作成します。

2.extdirディレクトリにFlexANEConnect.aneディレクトリを作成します。
例)c:\[FlexANESampleプロジェクトのディレクトリパス]\extdir\FlexANEConnect.ane

3.前回作成したFlexANEConnect.aneファイルをFlexANEConnect.aneディレクトリの中
入れます。

4.FlexANEConnect.aneのコピーファイルを作成します。

5.FlexANEConnect.zipにファイル名を変更します。

6.FlexANEConnect.zipを解凍します。

7.ファイルの準備が出来たので、adlコマンドでデバッグを行います。
adlコマンドは、FlexANESampleディレクトリの位置で行います。
例)c:\[FlexANESampleプロジェクトのディレクトリパス] adl ...

adl.exe
-runtime "C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash Builder 4.5\sdks\air3.0r1\runtimes\air\win"
-profile extendedDesktop
-extdir .\extdir bin-debug\FlexANESample-app.xml bin-debug

8.AIRアプリが起動します。

この他にもスマートフォンでネイティブコードの連携もできます。
自分もまだまだ勉強不足なので、技術調査していきます。

Adobe AIR Extention Have Fun!

0 件のコメント:

コメントを投稿